タグ

こんにちは。

つい先日、うちのLOL部門のゲーミングハウスに遊びに行って来ました。

WCS(World Championship)、つまりは世界大会の観戦をみんなでしようぜ!

ということで。

僕自身は、殆どLOLはプレイしたことないですが、漠然とルールは知ってますし、明らかにおかしい動き(強い動き)をしてるな、というのも何となく分かるって感じです。

どちらかと言うと、交流メインで行ったような…笑

さて、そのゲーミングハウスにて、

LGの新型モニター 34UC79G-B

lg%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc3

lg%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc

lg%e3%83%a2%e3%83%8b%e3%82%bf%e3%83%bc2

を体験してきました。詳しくは、こちら

見て分かる通り、若干、曲面を描いているんですね。

解像度が2560*1080という、数字になっています。実際にWoTをやってみました。

見ての通り、ミニマップを拡大しても、これだけ視界が確保できるのです。

自分のプレイスタイルとして、「目視確認」というのがあります。

多くの場合、ミニマップを見て、戦況を把握すると思うのですが、

僕は最終的にカメラを動かして、具体的な状況を把握しようとします。

相手がどういう構え方をしていて、味方がどこに居るかなど。

配信見て頂けると分かりやすいかなと思います!

そんなプレイスタイルでやってるので、ディスプレイからの情報量(解像度)が良いと、

最小限の動きで、戦況把握ができるわけですね。

あとは、稜線での撃ち合いにおいての有利が取れます。

というのも、スナイパーモードにすると、当たり前ですが、ズームされるので、

よほど、他プレイヤーが並んでいない限り、対峙している相手しか見えないわけですよね。

しかし、この解像度ともなると、スナイパーモードにしていても、

横のまた違う稜線から出てくるような相手も見えるわけです。

%e3%81%ae%e3%81%a9%e3%81%8b%e3%81%aa%e6%b5%b7%e5%b2%b8

「のどかな海岸」の西側、1,2ラインでの稜線バトルを思い浮かべてもらえれば、

分かりやすいかと思います。

斜めに撃ち合っていたりすると、その隙に砲塔横を撃とうと、

正面から出てきたりする相手が居ますよね?

そんな相手に対して、「甘いな!その手は食わんぞ!」

と出来るわけです。

WoTに関しては、ディスプレイの大きさというのは、情報量に直結します。

情報量をうまく、自分のプレイに落とし込めるのであれば、

良い選択肢として、挙がってくるものだと思いました。

10戦ほどしてみましたが、特に違和感なく、戦績を出すことが出来ました。

何時間も使ってみたわけではないですが、もし質問などあれば、

コメントでもTwitterでも良いので、聞いてください!

それでは!