タグ

,

こんにちは。

今回のお話は「仕事量」ついてです。

各MAPには主戦場があります。

このWoTというゲームは陣取りゲーム的側面があり、

確保している場所(視界が通っている場所)が多ければそれだけ有利になります。

それは視界システムが存在しているが故です。

敵が見えなければ撃ちようがありませんし、押し引きの判断も出来ません。

FPSのように、自分が活躍すれば勝てるという単純なゲームではありません。

稼げても負けるということは多く発生します。

前線に関与せず、後方に待機していては、最初から居ないのと同義です。

そういったプレイヤーが多ければ多いほど、14vs15にも、10vs15にもなってしまいます。

自分が関与していない分、他のプレイヤーの負担が増えていることの自覚が必要です。

つまり、前線(主戦場)へ積極的に絡んでいかなければ、負けやすいということです。

しっかり、相手にダメージを与え、相手の攻撃を受けたり弾いたりすることで、

初めて、必要な仕事量が満たせます。

相手に一方的に与えて、自分が食らわなければ2人分にも3人分にもなります。

敵とあまり交戦がないポイントに行ってしまった場合には、押してみるか引くかして、

積極的に交戦しましょう。