タグ

こんにちは。

今回は「リプレイ鑑賞会」についてお話します。

今まで僕自身もあまりやったことはありませんでしたが、

かなり効果的だということが最近分かったのでまとめていきます。

まずは実行するに当たって、自分と一緒に見てくれる人を2~3人必要です。

可能ならば、自分よりも技術が上のプレイヤーですね。

続いて、リプレイの選定方法について。

納得できなかった試合(主に序盤落ちしたものや負けたもの)

活躍できた試合(良い動きができたものや稼げたもの)

上記の二つです。

こう書くと殆ど当てはまってしまうような気はしますが(笑)

以上が実行前の準備です。

リプレイを別ファイルなどに保存しておくと便利でしょう。


①、目的

原因の自己分析結果と他プレイヤーからの視点のギャップを知る。

ある状況下での判断の幅を広げる。

他プレイヤーの撃ち合いの仕方を学ぶ。

②、方法

鑑賞会に参加するメンバー全員で同じリプレイを共有する。

戦闘開始10秒前程度でスペースキーを押し、PAUSEを掛ける。

全員、タイミングを合わして再スタートする。(リアルタイムでの共有)

自身のリプレイの場合、その場でどういう判断をし、動いたのか説明をしていく。

他のプレイヤーはそれについて、異なった視点があればアドバイスしていく。

また、撃ち合いに関しても。


最後に。

小隊を組んで助言を乞うのも大切だが、撃ち合いや細かい動きは

やはり、相手視点で見ることが近道となる。

リプレイをリアルタイムで共有することで、自分がそのときどういう思考や判断をしていたのか

振り返ることができる上、その状況下において自分とは異なった判断というのも同時に学べる。

思考の幅が広がることは、勝ちに直結する。

今までは「突っ込む」という手札しかなかったプレイヤーが「引く」という手札を得るように。

選択肢が多ければ、そのなかから最善を選ぶことができる。

ぜひ、試してみてほしい。