タグ

,

お久しぶりです。

海外から帰ってきて、速攻でインフルエンザになってしまったので

長らく空いてしまいました。

またいつも通りのペースでやっていこうと思いますので宜しくお願いします。


『トナメ車両の特徴』

Tier8 軽戦車枠

AMX 1390

トナメで使用される、LTのなかでまさに「王道」といった戦車。

本車はローダーであり、そこから発揮される瞬間火力はまさに驚異だ。

精度がお世辞にも良いとは言えないので、いかに近距離戦に持ち込むかがカギとなる。

乱戦に非常に強いと言える。あらゆる状況に対応できる。

Ru251

本車の登場により、1390一強ということは無くなった。

優秀なDPMと俯角、速度を兼ね備えている。

プロホロフカ等の一部マップでは、1390のリロードが完了する前に先手を取れる。

またHEの貫通力が100mmを超えており、うまく扱えれば、一発逆転を狙うことも可能。

T49

非常にトリッキーな戦車。

LTでありながら、152mm砲を搭載できる本車はLTにとって大きな脅威となる。

当たり所が悪ければ、一撃、ないしは瀕死間違いなしである。

だが、リロードが長いため、前述のRu251や1390のサポートは必須だ。

崖の登山口などによく配置される。通常のLTではダメージ交換が成り立たないため抑止力となる。

T-54ltwt

最近になり、有用性が見えてきた戦車。

砲塔がそこそこ硬いため、稜線射撃をするようなマップで用いられる。

ただし、DPMがあまり良くないため、乱戦は苦手。


Tier8 中戦車枠

T69

「アンチLT」として要所に配置される。

非常にリロードが早いローダー戦車で、1390と対峙させたときなどに相性が良い。

LTラッシュ等の対策筆頭。

Pershing

稜線が多いマップで用いられる。

T32と比べ、砲塔の信頼性は低下しているが速度はある。

どちらを採用するかはチームのスタイルといったところ。

防衛なら間違いなくT32。

obj416

見る機会は減ってしまったが、

後方から狙撃させるような作戦なら一考の余地はあるかもしれない。

優秀なDPMを備え、その平たい車体から隠ぺいと防御性も悪くない。


Tier8 重戦車枠

IS-3

1390、Ru251などを相手にするときに非常に強い。弾く弾く。

機動性も優秀なため、一気に突っ込ませたりCAP防衛するときにもスムーズ。

一撃が重いため、確実に当てていけば相手は追い込まれていく。

T32

あらゆるマップの防衛側でよく使用される。

こいつがハルダウンしているだけで攻撃側は面倒な思いをすることになる。

LTを相手にした場合でも、意外と弾く。

大草原地帯などではあえて90mm砲を搭載してCAP切りに専念させるといった方法もある。

AMX 50100

市街地で主に使用される。

ローダー車両なため、確実に貫通させる腕は求められるがその火力は敵にとって脅威。

単発系HTと相互運用させる。

KV-4

一部マップで使うチームもいる。

かなり硬いが、鈍足なためその運用法は限られてくるだろう。

KV-5

意外と真面目な選択肢。

DPMと体力が優秀。味方の壁となり、活路を開いていく。そんな戦車。

110

正面装甲、DPM、視認範囲に関してはIS-3より優秀。

これもチームのスタイルによるところかもしれない。


その他車両

M41 Bulldog 、T29 、IS 、KV-3 、T37 、AMX12t 、KV-2 、59-16 、 M44 、FV304

などがある。説明は割愛。

簡単に書きましたが、何か質問などあればお気軽にどうぞ。