タグ

,

こんにちは。

今回はありそうで無かった、設定編!

FPS経験者なら分かると思いますが、

設定次第でプレイのしやすさは変わります。

それはWoTも例外ではありません。

僕自身の設定を基に解説します。

赤枠⇒重要設定 青枠⇒番外設定


shot_251

赤枠

「ダイナミックカメラ有効」

これは消してる人も多いかと思いますが、僕は付けてます。

撃った瞬間に上のほうに少しAIMがズレるやつです。(リコイルっぽい)

プロでもつけてる人が多いからってのが理由。

これを消しても実際はついてるっていう判定でシステムは認識するらしい?

より正確な射撃がしたいならぜひ。

その下の水平安定というのは移動時にスナイパー視点がブレなくなる。

ON安定です。

「サーバー照準の安定化」

これは言わずとも知れてる、サーバー側のレティクルを表示するもの。

上級者のなかでも、使用者と非使用者が分かれるような項目。

正確に当てたいなら間違いなくONだが、PINGに依存するため、

カクつきながら動くことになる。

それが嫌ならOFFでも問題ないだろう。

青枠

「リプレイの有効化」

自分のプレイをあとで見返したり、他者にアドバイスを求めるときに重宝する。

「全て」という項目にしておくことをオススメする。

WoTフォルダ内の「replays」というところに保管されている。

定期的に削除しないと貯まる一方なのでそこだけは注意。

shot_252

赤枠

「視野角」

スナイパーモード外での視野の調整。

120°まで持っていくとかなり広く見えますが、

僕には合わなかったので、人間の視野より少し向上させたぐらいにしています。

shot_253

赤枠

「テクスチャ品質」

戦車やその他オブジェクトを正確に描写してくれる。

これが最大でないと、誤差が生まれる。

「地形品質」

これも最大。

地形を正確に描写するかという数値であるため、

低いとちょっとした稜線が分からなかったりする。

地形で苦しめられたくなかったら最大にすべき。

青枠

「追加エフェクト品質」

これは低で十分。

自走砲の着弾やブラインドショットなどが分かる程度に機能させておけば問題なし。

shot_255

赤枠

「描画距離」

かなり重要。

これが最大でないと、見えるはずの敵が見えないということになる。

きちんと視界を発揮したいなら間違いなく最大以外の選択肢はない。


以上、設定編でした。

これ以外の設定は好み、またはOFF安定。

キーバインドも自分好みにしておくと良いパフォーマンスを発揮できるかも?

2015.05.08 一部修正

2016.01.01 一部修正